親権/エースパートナー法律事務所

親権のご相談、手続きまたは、手続き等について解説します。親権のをはじめとしたご相談、離婚に関するご相談、交通事故の示談交渉、及び後遺症認定のご相談ならエースパートナー法律事務所へ。

  1. エースパートナー法律事務所 >
  2. 親権
親権

夫婦の間に子供がいる場合には、親権、監護権、面接交渉権等について協議して取り決めをする必要があります。

◆親権
親権には「身上監護権」と「財産管理権」の2種類あります。
「身上監護権」は子供の身の回りの世話や躾、教育をしたり身分行為の代理人になる権利です。
「財産管理権」は子供が自分名義の財産を持っていて、法律行為をする必要があるときに、 子供に代わって財産の管理をする権利です。
さらに、身上監護権には「居所指定権」、「懲戒権」、「職業許可権」、「身分行為の代理権」があります。
居所指定権とは、親が子どもの居所を指定する権利です。
懲戒権とは、子どもに対して親が懲戒・しつけをする権利です。
職業許可権とは、子どもが職業を営むにあたって親がその職業を許可する権利。
身分行為の代理権とは、子どもが身分法上の行為を行なうにあたって親が同意・代理する権利。
親権は成年に達さない子どもの親が服することになり、原則として父母が共同で行使することになります。また、親権を持っている人を親権者といいます。

◆監護権
監護権とは、親権の中で身上監護権に従って、親が子どもを監護し、教育・成長させる権利・義務のことです。
監護権は親権の一部に相当するため、原則として親権者が行使することになります。

◆面接交渉権
離婚後に親権を持たなかった方は、面接交渉権として子どもと面会したり、過ごしたりすることができます。
民法で定められた権利ではありませんが、家庭裁判所の実務でも認められています。
ただし、親権喪失事由がある場合、面接交渉権を行使することができない場合があります。

エースパートナー法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 慰謝料・財産分与慰謝料・財産分与

    ■慰謝料とは 精神的・肉体的苦痛の損害の賠償のことです。 離婚の...

  • 保険会社が提示する示談金の内容保険会社が提示する...

    交通事故の損害に対する賠償額の算定基準は、①自賠責保険基準、②任意...

  • 遺産分割協議遺産分割協議

    遺産は相続人が複数の場合、全員の共同相続財産となります。遺言により...

  • 後遺症認定後遺症認定

    後遺症認定の大前提としてその症状が以下の基準を満たしている必要があ...

  • 親権親権

    夫婦の間に子供がいる場合には、親権、監護権、面接交渉権等について協...

  • 不当解雇不当解雇

    解雇は簡単にできません。会社にとって必要がないという理由だけで従業...

  • 残業代請求・未払い賃金の請求・退職金の請求残業代請求・未払い...

    労働基準法上の賃金とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問...

  • 遺留分請求遺留分請求

    遺留分とは、民法で定められている、残された家族への最低限の財産保証...

  • 特別受益とは特別受益とは

    特別受益とは、特定の相続人が、被相続人から婚姻、養子縁組のため、も...

親権をはじめとした相続問題、交通事故、離婚に関する知識、手続についてご紹介しています。親権をはじめとした親権に関する知識、手続きについてご紹介するサイトです。

ページトップへ